初期臨床研修必修化

「神の手を持つドクター」も、「赤ひげと呼ばれるドクター」も、皆さんの住居する地域社会に同居していることが、一番の安心感につながるような気がしています。医療現場の革新には、皆さんの医療に対する意識の比重が、大きく医療のあり方に影響してくるのではないかと考えられます。病院や医師の口コミサイトやランキングでは、患者優位的な立場であるような関係性はありますが、評価される医師も人間であるのだという認識がそこには必要なのではないでしょうか?良い患者が、良いドクターを作るというベースが医療現場の常識になって欲しいと願って止みません。2004年度、厚生労働省が定めた「初期臨床研修必修化」以降に、医師たちは、それぞれの就職先となる病院選びに自由な選択を得るようになりました。閉鎖的な医療関連機関の場で、「医師 求人」によって、医師側から職場を自由選択することが容易になったことは、様々なメリットとデメリットを生み出したとも考えられています。ですが、ドクターたちがキャリアを考える選択肢が増えることは、医師個人にとっては良い動きであるのではないかと考えています。2004年度以降、医学部を卒業した医学生は、ドクターとなるべく研修先の病院を自分の意志によって選択することになりました。それ以前は卒業した大学の付属病院などを研修場所とすることが常であった風潮に対し、研修場所の選択が学生側の意志に委ねられるようになったのです。初期と後期に分かれた研修を、それぞれの研修先で終えた研修医たちは、さらにその先の未来となる就職先の病院を、自分の意志で決める事が可能になったのです。それまでは、医学部として所属していた大学の医局の決定権が、すべての進路を定めていたような風潮が一掃されたような形になりました。ですが、このような一連の取り組みは研修医やドクターが、人気のある病院とそうでない病院に偏在してしまう原因を生み出したという声が、医療現場から聞こえてくることも確かなことです。「医師 求人」サイトなども、医師に関する専門サイトなどが多く設けられ、医師の自由な働き方の象徴ともなり得るような表れとなりました。今後、「医師 求人」などにもみられるドクターたちの自由な働き方は、多種多様なドクターを生み出していくのではないかと考えられます。