Uncategorized

神の手ドクター、赤ひげドクター

現代の「医師」の姿について、皆さんは考えたことがありますか?「あの先生は、神の手をもったドクターだ。」「近所のクリニックの先生は、まるで赤ひげ先生のようだ。」などと、「医師」の姿を比喩したことはありませんか?また、医療現場で何かトラブルがあると、即座に「ヤブ医者」呼ばわりされるのが、「医師」と呼ばれる職業なのです。神にもなり、ひげ爺さんにもなり、ヤブ医者などと、なじられながらも、診察に訪れる患者たちの診察を献身的に行わなければなりません。「医師 求人」サイトなどには、「神の手をもつ医師の求人」だとか、「赤ひげ先生求む」などといった記述はありません。もちろん、ヤブ医者お断りの文字も「医師 求人」サイトにはみつかりません。では、神の手と称されるドクターや、赤ひげ先生などと慕われるドクターは、どのようにして、生みだされているのでしょうか?それは、皆さん個人が、ドクターを評価する査定からくる呼び名になるのではないでしょうか?医師ほど、その仕事ぶりが万人の目にさらされ、常に評価され続ける人々も社会には少ない存在です。現在、日本では、当たり前のように受診することのできる医療ですが、その背景には、医療の現場を支える多くの働き手の姿があります。現代に生きる私たちにとって、医療のない社会など考えることができません。これから私たちには、どのような「医師」が必要であると考えますか?私たちの健康と生活を支えてくれる「医療と医師」の存在について考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です