Uncategorized

新しい精神医療の追求

近年では、精神医療においても、Evidence Based Medicine(EBM=科学的根拠に基づく医療)に基づいた系統的かつ論理的な医療を提供し、患者さんの早期退院と社会復帰の促進が求められています。このような世間からの需要に応えるため、近畿地方のG病院ではクリニカルパスの導入を行い、受診から入院医療、通院治療、社会復帰までを視野に入れて治療を行っています。そして治療を行うにあたっては、医師や看護師、精神保健福祉士、臨床心理士など患者さんに関わる全ての職員が協力して、患者さん一人一人に合った医療が提供できるように努めています。勉強会も積極的に行っており、学会や研修会への参加を援助するなど、職員が高い医療水準で医療が行えるような環境も整えています。
G病院では、急性期病棟と治療型病棟、療養型病棟の3種の病棟に加えて、デイケア棟も併設しています。これにより、できるだけ早期の退院・社会復帰を目指す患者さんから、長期入院が必要な患者さんまで、幅広い層の患者さんに対応することが可能になっています。関連施設としては、生活訓練施設やグループホーム、地域活動支援センター、訪問看護ステーションがあり、関係病院や関係機関との連携を通じて、入院から退院そして地域生活まで患者さんの社会復帰を強力に支援できる体制をつくっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です